Tシャツ素材の種類|これだけは知っておきたいTシャツ作成のコツ

Tシャツ素材の種類

男の人

綿(コットン)

Tシャツ作成の時に最も使われやすい生地が綿素材の生地です。綿100%の場合は、着心地が良く、型崩れもしにくい特徴があります。着心地と丈夫さだけではなく、綿素材のTシャツは、他の素材に比べても安い傾向にあります。そのため、クラスTシャツ作成など、大量に注文するうえに1つのTシャツに金額をかけられない場合でも発注しやすいことが魅力です。Tシャツ作成業者なら、どこでも取り扱っている非常にポピュラーな素材です。

メッシュ

鹿の子ともいわれるメッシュ素材を使用している生地も、Tシャツ作成ではよく選ばれる生地です。主にポロシャツの生地として利用されています。メッシュ素材の魅力は、その触り心地と通気性です。コットンに比べてサラサラとした触り心地で、蒸し暑い夏でも快適に過ごすことができます。また、通気性も抜群でスポーツ時でも大活躍してくれます。メッシュ素材の生地は、学校の体育祭や、スポーツイベント、夏場にやる屋外でのイベント時のTシャツ作成にはうってつけといえるでしょう。

ドライ

ポリエステルを使用した生地がドライ生地です。中にはポリエステルと綿を合わせて両方の良いとこどりをした生地もあります。ドライ生地のメリットは、丈夫であることと安価であることです。折り曲げる動作や洗濯に強く、簡単にへこたれることはありません。また、他の生地に比べても安価で生産することができるため、Tシャツ作成にあまり予算をかけられない場合に最適です。通気性も悪くはないため、スポーツやエクササイズの時も着ることができます。

広告募集中